男性ホルモンの補充療法で男性更年期障害の治療を行いました

妻から男性更年期障害ではないかと指摘され病院に行くことを決心

男性ホルモン 補充男性ホルモン注射の値段

若い頃はそのようなことがなかったのですが、あるときから集中力の低下や物忘れ、イライラ感が気になるようになりました。
仕事の忙しさのせいでストレスが溜まっているのだろうと思っていたのですが、次第に性欲がわかなくなったり性機能自体が低下したりするようになったのです。
そのときには無気力になることも増えており、家ではボーッとする時間が増えてしまいました。
いずれ治るだろうと考えて何も行っていなかったのですが、あるとき妻から浮気をしているのではないかと言われたのです。
全く心当たりがなかったので驚いたのですが、以前と様子が違っていることや夜の営みがなくなったこと、家にいても上の空に見えることが増えたことで浮気を疑ったようです。

妻に最近体調が悪いことを説明しましたが信用してくれたかどうか分からなかったので、携帯の中身を見せ、更には勃起しにくくなっている状態を見てもらいました。
すると、色々と調べてくれたようで男性更年期障害ではないかと言われたのです。
妻に更年期障害を疑われたときにまず思ったことは、女性特有の病気だろうということです。
しかしながら、調べてみると男性でもなることが分かり、これは男性ホルモン補充療法などで治すことができると分かりました。

妻から男性更年期障害ではないかと指摘され病院に行くことを決心 | 診断を受けて注射による男性ホルモンの補充療法を開始 | 妻のおかげで治療方法を知ることができ症状を改善できた